マイナス1歳から始める
予防歯科

マタニティ歯科

はじめに 母子手帳に、歯科ベージがあるのはご存知ですか?
お母さまの歯の健康を保つためにあるだけでなく、
生まれてくる赤ちゃんを虫歯だらけにさせないように、
歯のチェックをする必要もあるのです。
マタニティ歯科は「歯が痛いから行く歯科」ではなく、
「お母さまと、生まれてくるお子さまの
 お口の健康のために行く歯科」です。

マタニティ歯科のご案内

赤ちゃんを無事に出産したお母さんは、
慣れない育児や家事で
「歯がボロボロになってしまう」
「お口の状態が悪くなってしまう」
という話を聞いたことがありますか? 

「赤ちゃんに栄養を奪われてしまうから?」

急激な生活習慣の変化に身体がついていけないことや
妊娠中や出産後のお母さんのお口のケアが不充分だから起こると考えています。

お子さんのお口の健康のためには、
周囲でお世話をするお母さんはじめ、
ご家族のお口も健康である必要があります。
かわいい赤ちゃんをしっかり育てるためにも、
お母さんのお口の健康を「マタニティ歯科」で整えておきましょう。

妊娠中のお口のケアは?

妊娠中はホルモンバランスの影響で、免疫力が低下傾向にあります。細菌由来の感染症であるムシ歯や歯周病は、女性ホルモンの増加に比例して悪化することがあります。つわりなどで食事のサイクルが変わったり、口腔ケアがしっかりできなくなることも悪化の要因になります。 当院のマタニティ歯科では、妊婦さんに起こりがちな口腔内環境の悪化に対応した口腔ケアです。妊婦さんの身体の変化に配慮した、検査・治療・予防処置を行います。妊娠がわかっている方だけでなく、これから妊娠を望む方も、一度当院のマタニティ歯科を受診してみてください。

妊娠性歯肉炎に注意を

妊娠中は免疫力の低下とともに、歯周病と同様の症状が現れる「妊娠性歯周炎」を引き起こしやすいので注意が必要です。ただお口の中だけで悪さをするのではなく、歯周病菌が血管内に入り込むと、誤って陣痛のようなサインを送り、子宮に陣痛に似た収縮を引き起こします。そのため、早産・低体重児出産などのリスクが高まるのです。

これは、高齢出産・妊娠中のアルコール摂取・喫煙などと比較しても、トラブルを引き起こす高いリスク要因になるという調査結果があります。お腹の赤ちゃんのためにも、お口の中を健康に保つようにしましょう。

つわりで歯ブラシがきつい

つわりの時期は、歯ブラシを口に入れることさえ辛くなる、という方がいます。ひどい方では、うがいさえできない、ということもあるでしょう。そのような場合には、次に挙げるような方法でできる形でお口のケアをしましょう。
歯磨きのにおいが
「歯みがき粉の臭いがどうしてもダメ……」という場合には、無理に歯みがき粉を使う必要はありません。歯ブラシと水だけでも、十分みがいた効果があります。
口の中におおきな歯ブラシをいれられない
歯ブラシをヘッドが小さいものに取り替えるだけでも、お口に入れやすくなることも。できれば、デンタルフロスや歯間ブラシも併用できるといいでしょう。
歯ブラシできない
「水や殺菌作用のある緑茶でうがいする」「食後に繊維質の多いリンゴを噛んで食べる」などということでも、お口の中をスッキリさせることができます。

妊娠中って治療できるの?

時と場合によります

妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)の間であれば、
ほとんどの方が問題なく診療することができます。
妊娠初期、妊娠後期は応急処置のみにしましょう。
妊娠初期は流産等の恐れもあるので、
身体に負担がかかるようであれば、長時間の治療は避けましょう。

応急処置をして、妊娠中期に治療を行いましょう。
診療に来て、虫歯や歯周病があれば、定期的に通い治療を終えることが望ましいです。
そして治療が終わったお母さま、特に異常がなかったお母さまたちは、
引き続きお口の中が健康に保てるように定期的に歯科衛生士からアドバイスをもらいましょう。

医院名 なかのぶ歯科
住所 東京都品川区東中延2-9-7 NNビル2F
住所
東京都品川区東中延2-9-7 NNビル2F
住所 東京都品川区東中延2-9-7 NNビル2F
TOPに戻る